血圧降下剤の副作用は本当に怖いものです。

副作用について

血圧降下剤はその効果が現れてもすぐに服用を停止するようなケースは少なく、ほとんどの方は長い間服用することになりますが、やはりこのことで心配されるのが副作用です。

また最近は副作用に強い、と言われる新しい血圧降下剤が開発されていますが、その結果は決して体への負担がゼロではありません。

特に多いものとしては、肝臓機能障害や脳の障害などがあります。またその他に多い兆項としては、全身の倦怠感、頭痛や食欲減退、内臓の痛みなどがあります。

このような場合、早期に医師に相談をして、適切な投与のコントロールを実施しなければなりません。また特に多いと言われるのが60代を過ぎた患者さんの例です。

血圧を下げないと合併症が酷くなる、このことはもちろんですが、今服用している分量で本当に適切なのか、ちょっとでも間違いがあれば、何十年も飲まなければならなかったり、特にこの年代になると助かる見込みが無い、などという状態にもなりがちです。

また降下剤の種類によっても、体への負担は違ってきます。主に利尿薬は安全性が高く、またα-ブロッカーやACE阻害薬、カルシウム拮抗薬等は特にリスクが高いです。

降下剤の効果が現れた後、そのまま標準値を維持するか、あるいは血圧が低下しすぎるかにもよります。もし低下が進むようになれば、やはり脳にも心臓にも、これらもっとも重要な臓器にも虚血の傾向が強く出がちです。

このように高血圧の状態から一気に下がってしまうことや、他の病気を合併すれば別の薬も必要になることがあります。

医師、薬剤師への相談はできるだけ頻度を多くし、服用する量はもちろんですが、どのような時間帯がいいのか、また毎日の生活サイクルが違うこともよく相談したり、自分でもしっかり管理できる体制を整えることが肝心です。

血圧降下剤は確かに血圧を下げることに対しては有効ではあります。しかし、体に対するリスクがあまりにも多いのが事実です。

実際、血圧降下剤を飲み続けることに不安を感じている患者は大勢います。きっとあなたも血圧降下剤を飲み続けることに不安を感じていることだと思います。

もしあなたがこの先、血圧降下剤を使い続けることに不安を感じているのであれば、私の治療法を実践してみてください。

私は30年間、この方法で薬を一切使わずに、5万人以上の患者さんを改善させてきました。きっと私の治療法が、あなたの高血圧を改善に導く第一歩になると思いますので、今すぐ私の治療法を下記より確認してみてください。