血圧降下剤の種類についてご説明しています。

種類について

高血圧の治療法としては主に薬による治療と一般療法があります。また最近は特に薬の種類が増え、最適なものを選択できるようになってきています。

つまり血圧を下げることはかなり容易とも言えますが、やはり薬物治療といっても投与するだけでは始まりません。

つまり生活面からしっかりカバーしていくこと、また薬の作用をしっかりとあなたが知っておくことが大切です。

血圧降下剤には、大まかに5~6種類あります。主なものにまず利尿を促すものがあります。血中ナトリウムを尿として排出することが目的です。ナトリウムですから塩分を排出する方法、とも言えます。

また利尿系は長い間使用されていますので、医師も処方のコツを覚えているケースが多く、塩分といえば日本人は特に多い人種ですから、処方される頻度も高いと言えます。

もう1つは交感神経抑制系があります。自律神経のうち交感神経のほうが優位になると血圧が上昇します。副交感神経を優位にすればやすらなか気持ちになり、血圧も安定します。

最近はこのタイプもたくさんあると言われますが、やはり眠気が多かったり、精神的な面ではうつ、性機能低下などのリスクがありますので、処方してくれる医師にしっかりと相談するべきです。

血管拡張薬は血管を拡張して血圧を下げてくれます。ヒドララジン等が古くから用いられていますが、最近は同様の効果があるタイプとしてカルシウム拮抗薬がよく用いられています。

カルシウム拮抗薬とはカルシウムの細胞への流入を阻止し、血管の拡張をもたらしたり、利尿作用にも役立ちます。しかし、カルシウム拮抗薬にもやはり副作用があります。例えば、うつや頭痛、顔面の緊張など様々です。

また血圧降下剤の他にも精神安定剤を用いている方も多くいます。やはりストレスによる興奮はかなり影響しますので、薬だけではなく普段の生活の安定を考えることも必須です。

このように血圧降下剤はたくさんありますが、どれをとっても大変高いリスクがあります。このような高いリスクを背負ってまでも、血圧降下剤を飲み続ける必要は私はないと思います。

もしあなたが、降下剤を使い続けることに不安を感じているのであれば、私の治療法を一度実践されてみてください。私は30年間で5万人以上の高血圧患者さんを改善させてきました。

きっと私の治療法を実践すれば、もう二度と降下剤を使うことはなくなると思いますので、今すぐ下記より詳細を確認してみてください。