血圧降下剤の効果は微々たるものです。

効果について

血圧降下剤の効果は血圧を下げることです。しかし、血圧降下剤はあまり使いたくない、薬物は怖い、生活習慣による治療にできるだけ早く切り替えたい、という方はやはり多いです。

例えば、最高血圧が170レベルの方で、カルシウム拮抗剤を服用したケースでは、約1週間程度で血中濃度が安定し、症状として興奮状態もだんだん治まってくることがほとんどです。

ではそのまま状態が維持できるとして、降下剤を飲み続ける期間はどの位必要なのでしょうか。安定してしばらくしたら、と考えた場合、安定の度合いもかなり良好で、減量もできたようなケースではそこでストップする可能性もあります。

では効き目が出たら考えることとしては、ストップするまで飲み続けることも、また量を減らすことも大切です。

血圧自体が本態性タイプの場合、かなり長い間投与をストップできないこともありますが、予想とは違って突然治ってしまうこともあり、症状も改善され、見事に復帰できる方も少なくありません。

このようなある意味ラッキーな方もいれば、イライラしてしまったりして、焦って服用を多くしてしまうと大変です。降下剤は一定量を飲むこと、医師に言われた用法を守ることが大事です。

降下剤の効果を最適なものに維持するためには、やはり要となるのは定期的な検査です。血圧は暑い日、寒い日でも違えば、気圧、食べ物、生活環境、仕事などたくさんの環境因子で変わります。

まず最低限のブランクとして3ヶ月程度は必要と言われていますし、気になる症状が出始めたとき、市販の薬を追加することも必要になるときがあります。

ですが、血圧降下剤を飲み続けることに不安を持っている患者さんは多くいます。もしあなたも、血圧降下剤を飲み続けていることに不安を感じているのであれば、まずは私の治療法を実践してみてください。

私は30年間、この方法で薬を一切使わず、5万人以上の患者さんを改善させてきました。きっと私の治療法が、あなたの高血圧を改善に導く第一歩になると思いますので、今すぐ詳細を下記より確認してみてください。