関連ページです。

関連ページについて


血圧降下剤とストレスについて

血圧降下剤を勧められ、もしかしたら病院で血圧を計るとストレスが昂ぶるからかもしれない、などと考える方は少なくないようです。

つまり自宅で計れば正常値かもしれない、しかし計ってみたらほぼ同じ、というケースですが、ストレスといえば高血圧に大きく影響する原因です。

ストレスは交感神経を刺激します。そして血管が見事に収縮するという事実は、現代人にとって永遠の問題とも言えます。過度のストレスを溜め込まないようにするために、多くの方が様々な方法を試行する時代です。

たとえばごく一般的なのが食べ過ぎや飲みすぎを控えること、これらの行為はストレス解消のためには確かに役立ちますが、一時的です。

糖尿のリスクも高まり、動脈硬化が進むと脳卒中や心筋梗塞のリスクも高まります。ではどんなストレス解消法が適切なのか、まずはじめから大胆に習慣を変えたり、習慣を作ったりすることには無理があります。

ちょっとずつ、休みを入れたり、気分転換をすることから始めるのが妥当です。散歩、ストレッチ、入浴など、自然だなと思えること、無理ではないことが一番ともよく言われます。

趣味を持ったり、特に楽器演奏は若い頃から続けていると、慢性の疾患に陥る可能性が低いと言われています。

音楽は人生を豊かにしますし、決してコストも大きくはかかりません。他には笑うこと、交感神経が緊張している状態を和らげることに役立ちます。

血圧降下剤にだけ頼っていてはやはり無理があります。副作用を減らすだけの効果でも望ましい、と思う努力も大切です。

5万人の高血圧患者を救った
福辻式治療法はこちらから